天を見つめて地の底で

天を見つめて地の底で
  • 作品執筆の場を少年誌から少女誌へ移した初の連載作品。

    掲載誌だった月刊「パンドラ」(マガジンBOX社刊)の休刊により、秋田書店・月刊「学園ミステリー」に移籍。
    「学園ミステリー」休刊後、月刊「サスペリア」(秋田書店刊)にて不定期連載するも、現在は未完のまま休載中

  • コミックス1〜18巻(以下続刊)発売中。
    (秋田書店刊/ホラーコミックス)
コミックスリスト

STORY

男でもなく女でもなく、またそのどちらでもあり、善でもなく悪でもなく、またそのどちらでもある。
天使の羽根と悪魔の角を持つ堕天使・本條聖。
はるか昔、友・ルシフェルとともに天に背き、天から追放され地上に堕とされた。

ルシフェルは魔界に降り、魔の王・サタンとなったが聖はいつの日にか天に許され天の扉が開き、天に戻れる時が来る事を信じ永い間地上をさまよっていた。
ある日、そんな聖の正体を知ってもなお変わらぬ心で接してくれた唯一の人間・麻宮洋と出会う。
それがすべての始まりだった。

愛するとは何なのか?
愛するがゆえの選択とは?
堕天使・本條聖と人間・麻宮洋、そして2人に関わる者たちによって繰り広げられる壮大なロマンストーリー。